2012年04月15日

メンタルヘルス(心の健康)について

大阪商工会議所認定「メンタルヘルス・マネジメントU種」の合格しました。
これは私がとてもほしかった資格です。
というのも、企業におけるメンタルヘルス対策の必要性を強く考えているからです。

日本では、10年間自殺者が年間3万人を超えています。
企業内におけるうつ病者も増加し、療休取得者もあとをたちません。
企業にとって、もちろんコスト的に大きな負担になりますし、
人材的にも戦力の低下となります。

これ以上このような社員を増やさないことが企業には求められています。
企業は、社員の力を最大限に活かせる労働環境を作ることが、
生産性をあげ、売り上げを伸ばし、発展につながるのです。
労災の裁判になれば、とんでもない補償金が発生することもありえます。


メンタルヘルスマネジメントは社員の福利厚生ではなく、
企業のリスクマネジメントなのです。


社員の心の病の原因は、
家庭・職場・人間関係等さまざまな要因が重なって起こります。
そして、誰もがなりうる病なのです。
そして、当事者だけの問題ではなく、復帰後受けれる職場も大変なのです。
今後は「予防」が大切です
そのために必要なこと、お手伝いいたします。


********************************************
あなたの会社のワーク・ライフバランス導入を支援します
〜働き方を見直して企業も社員もイキイキと〜

株式会社NOTICE
代表取締役 布谷由美子
HP http:/notice-worklife.com/
********************************************
posted by nunotani at 21:11| 兵庫 | Comment(0) | 働き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。